妊婦健診

健診の目的、重要性、ご案内

妊婦健診は、お腹の赤ちゃんが健やかに成長しているかどうか、お母さまの体調に問題がないかを確認し、出産に対する不安や疑問を解消する重要な場です。また、超音波検査や4D超音波を通じて、生まれてくる赤ちゃんと対面することで、母親になる自覚や出産への楽しみもより一層大きくなることでしょう。

基本的な健診の流れ

妊婦検診では毎回超音波検査を実施し、赤ちゃんが順調に成長しているかどうか、また希望者には性別の告知も行っています。体調や出産に関する不安や疑問は、医師による診察の際にお気軽にお尋ねください。

4Dエコーについて

4D超音波とは、赤ちゃんを立体的かつリアルタイム動画で見ることができる超音波のこと。当院では21週から28週までの希望者を対象に、完全予約制で実施しています。
21週から24週までは赤ちゃんの上半身を、25週から28週はお顔を中心に見ることができ、「赤ちゃんへの愛着が強まった」「母親になる実感がわいた」と、大変ご好評いただいております。

4D超音波とは、赤ちゃんを立体的かつリアルタイム動画で見ることができる超音波のこと。

妊婦健診の際に赤ちゃんの向きが良ければ、4Dエコーも短時間撮影を行っています。また、21週から28週までの希望者を対象に、有料の完全予約枠で、30分の4Dエコー撮影を実施しています。

料金:ご通院の患者様 1回4000円 外部からの患者様 1回10000円

※現在有料での4Dエコーの撮影では取り直しは行っておりません。ご了承お願いします。
「赤ちゃんへの愛着が強まった」「母親になる実感がわいた」と、大変ご好評いただいております。

超音波検査について

当院では、妊娠診断後から出産まで定期的に行われる妊婦検診において、必ず超音波による検査を実施。胎児の各部位(BPD、AC、FL)を計測し、計測値より推定体重を算出します。
そこで得られた各計測値や推定体重を該当妊娠数週における基準値と比較し、胎児の発育状態を評価しています。

  • BPD:児頭大横幅

    頭の大きさ(幅)を計測します。

  • AC:腹部腹囲幅

    胃胞が見える腹部の断面を出し、その周囲の長さを計測します。

  • FL:大腿骨長

    大腿骨の長さを計測します。

お問い合わせ
  • 婦人科・産科 月~土 9:00~12:00 14:00~17:00 小児科 月火金 15:00~15:30 おっぱい外来 月~金 9:00~16:00 休診日 日・祝/夏季休暇/年末年始
    婦人科・産科 月~土 9:00~12:00 14:00~17:00 小児科 月火金 15:00~15:30 おっぱい外来 月~金 9:00~16:00 休診日 日・祝/夏季休暇/年末年始
    • 診療は予約制です 初診の方はこちらからご予約下さい 0480-44-0555
      conbottom_tel_sp.jpg
    • 24時間受け付けている当院の予約システムでスムーズに WEB予約はこちらから
      24時間受け付けている当院の予約システムでスムーズに WEB予約はこちらから